すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知帰省。
1248005401-Image159.jpg
こちらは桂浜近くにある長曽我部元親の銅像。



高知、土佐、桂浜といえば坂本龍馬。
その昔、その一帯を治めたという長曽我部家の有名所はそれほど、名を轟かせてはいない。

もっとも、最近の戦国ブームで知名ども少しは上がっているみたいやけど。




…っと、まぁ何で桂浜近くの銅像の話をするかというと、この土日で行ってきたので。


我が家毎年恒例の夏の墓参り。

今年は行けないと思ってたので、強行日程でも行けて嬉しかった。



いつもお世話になっている親戚の人達にも少し挨拶できたし、1番お世話してくれてるおじさんの元気そうな顔も見られたし。


父には申し訳ないけど、高知に帰ると車移動が多くなる。すると、車内ではほぼ爆睡…。

いつもの倍くらいは寝てかなり体が休まる。
早く免許をとってちょっとは負担を軽くしてあげないと…とは思うもののなかなか。


数年後にはなんとか。



あと、お墓が高知県内でも田舎のほうにあるからか、都会で暮らす自分にとっての一年分くらいの緑に触れるのもあって気持ちもかなり洗われる。


そんな感じの弾丸高知帰省。


素敵な非日常。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://quelquepartenasie.blog47.fc2.com/tb.php/8-4f69b7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。