すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたち
誰かに自分の思ってることを伝えようとして、言葉を選ぶ。



そうしているうちに、自分の思ってることはもう、原型を留めていなくて、伝えようとすればするほど、原型とは遠ざかる。



そうして、伝わるころには、「私の思っていること」という名を呈したモノは違う形を形成して相手に伝わる。



人の考えや思いなんて、言葉にしてしまった時点で、自分の元から離れていく。



言葉を用いて、意志疎通を図っている限り完全に同じイメージや考えを共有することは不可能だ、なんてことを誰かが言っているのを聞いたことがある。



その発言そのものには+の響きも-の響きもなかった、ような気がする。



でも、自分の伝えたいと思っていることが自分の思った通りには伝わらないのは、どこか残念な気がするし、やっぱり自分の思ってることはそのままの形で伝えたいと思うのはごく自然な気持ちだと思う。それに、そういうズレが何か問題を招くことも大いにあり得る。



だから、きっとどこかで-の響きにとっていたんだなーと今日、改めて思いなおした。



外に出してしまった瞬間から、自分の考えが陳腐なものに変わってしまうのなら、いっそのこと外に出さなければいいのではないか。そんなことを思いつく。



でも、やっぱりそれは違う。たぶん、前提が。



きっと、自分のなかにある像をそっくりそのまま相手に伝える、なんてことが大げさで、高望みしすぎで、傲慢なんだ、っていうと少し言い過ぎかも知れないけれど、でも、そんな感じ。



気持ちもイメージも考えも自分のなかにあるだけでは、“ある“ことにはならない。



いや、世の中には、自分一人でこれらのことを成立させることができる人がいるのかもしれないけれど、少なくとも私はそう言ったことができない類の人間。



いつも、人に伝えることで初めて、自分の気持ちや考えに“輪郭”を与えることができる。もっと言うと、再構成までしているときもあるはず。
それくらい不器用なくせしてあまり人に話をしたがらないというたちの悪い性質を持っているのだけれど、でも、そうしないと何もかもが成立してくれない。



きっと、覚悟が足りないんだろうなー。



そんなことを思いながら、いつも、くだらないことから真剣な話まで、聞いてくれる自分の周りの人たちに感謝。
彼らがいてくれなかったら、今の自分は今の形で成立してないだろうし。



どんなに陳腐で、自分の言いたいことと違った形をしていても、“生み出す”ことに意味があって、それを大事に守っているだけでは意味がない。そこから派生するズレはいろんなことを生み出すだろうけど、それも含みこんで受け入れられるくらいのスタンスでいられたらいいなー。



あぁ、なつかしき思い立ったら吉日生活。
ほんとは今日ブログ書くつもりなんて微塵もなかったのになー。笑
スポンサーサイト


コメント
No title
何かあったーん?久しぶりにのぞいたら珍しくまじめな日記。笑
でもわかる気がするな~~私も表現がめちゃくちゃ苦手だもん。言葉にするのヘタだから話すの苦手。mixiに日記書くんも今はできないな~。最近は自分の中だけで解決しようとしてたり。笑
たまには息抜きしなね~無理しないように! 
[2010/02/08 14:23] URL | fukuda #- [ 編集 ]

No title
どもども、久しぶり。いつもとは逆に、ボクが閲覧を逃してた・・・。申し訳。最近忙しくてねーーーー。なんてボクの話なんかは余計なんやけども。

きっと、心の中にある形が一番ピュアな表現なんでしょうね・・・。ありていに言えば。いろんな場面で多くの人が、言葉の裏側を考察してくれるような聴き方をしてくれたらいいのにねー。でも、そんな状況じゃ、逆にみんな裏を考えすぎて疑心暗鬼になってまうかもな。(笑
言葉って、要は便利な道具みたいなもんで、用法用量を守って、正しくお使いくださいってことですかねぇ。。
ボクにも見えません。
[2010/02/08 15:03] URL | yossi #- [ 編集 ]

ご心配をおかけしました。
>fukudaさん
珍しく早速コメントが来たと思ったら、なにかご心配をかけてる!?
いやー、何もないんよ、実は。ごめんねー。笑

書いたようなことは前からずっと考えてはいたんやけど、まとまった考えが突然降ってきたから書いただけ。ちょうど、今旧正月休みで時間もあったから。

あとは、たまには真面目なことも書きたいなーって。気軽な話し相手がおらんから、自分の考えまとめるにはいい場所見たいやし。

それが一番近道やったりするよね。でも、人に話すのとそうでないのでは、どこか覚悟が違う気がするなー。
[2010/02/09 11:27] URL | quakkie #- [ 編集 ]

Re: No title
>Yossi
おー、マジかー。お疲れ様。
元気にはしてるん?

そうねー、ありていに言えばそうなるみたい。それがいいか悪いかは別として。

うん、ほんまにただの便利道具なんやと思うよ。外国語勉強してきて、1外国語をを教えててもほんまに思う。ただの手段やって。
話す人がいて、聞く人がいる。書く人がいて、読む人がいる。それで初めて成立する道具。そりゃ、用法容量守らないとあかんわな。

そこに、『内容を100%同じように伝えることは、前提とされてません』って書いてある気が、俺はする。

そっちの方が、何か、人間っぽくない?

よーわからんけど。
[2010/02/09 11:35] URL | quakkie #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://quelquepartenasie.blog47.fc2.com/tb.php/32-334e1de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。