すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと…
いろいろあるもんで。




フランスにいた時もいろいろあったけど、アジアの方が面白いのが多い気がする。
んなわけで、おもしろ日本語発見。





おもしろ日本語1

オレンジジュース、ナタデココ入り。
なかなか、こっちでは見ないもの。


でも、惹かれた理由はそこじゃーない。





おもしろ日本語


『果糖』ってあるから、日本語か中国語やろうと思ったけど、どうやら前者。



まぁ、つっこみどころ満載。



この名前すら分からんからねー。
でも、こういうのを見ると、ひらがなとかカタカナとかがどういう捉えられ方をしてるかがわかっておもしろい。

『おもしろ日本語』商品はスーパーにはいっぱいあるけど、カメラの持ち込みは禁止。
買わんと、ご紹介はできない。


また、おもしろそうなのを見つけたら、後日ご紹介ということで。

なんとなく、追記を。


今日、出勤途中にふと、自分の『ことば』って薄っぺらいなーとかおもしろくないなーって気付いた。



語彙が貧困。表現がありきたり。反応に面白みがない。



…などなど。たぶん、先輩の先生の人あたりのよさや、人付き合いのうまさを見ていて痛感しているのだろうと思う。
それに、先生はとても博識でいろんなことをご存じ。それに知識や言葉の引き出しも多い。自然と、いろいろなタイプの人間と自然に接することができる。

もちろん、人生の先輩。そこは、経験のなせる技かもしれないけど、自分もあれくらい相手のことを上手に引き出して、オリジナリティあふれることばを使えるようになりたいなんて、思ってみたり。



語彙が貧困だったり、表現がありきたりだったりするのには、いくつか心当たりがある。

結局、母語だって外国語と同じで、新しい言葉や表現を仕入れたり、使おうとしないと、使い慣れた言葉ばかりつかってしまって、結局は『使い古された』ことばばかりになってしまう、そんな気がする。


誰かに言ったことがある気がするけど、私は自分には『オリジナリティ』は少しはあるかもしれないけれど、『クリエイティビティ』はほとんどない、と思っている。そんな自分が、他からの吸収をやめたら、自分のことばたちは道は使い古されるしかない。


そう、『他からの吸収』が足りない。
日々のやりとりや、テレビなどで、自分にとっては新しい表現に触れる機会は多いけれど、結局表現や語彙にあまり意識することなく、中身だけに意識が向いてしまってほとんど吸収できてない。それに、引っかかった表現があったとしても、その命ははかなくすぐに姿を消す。そう考えると、毎日惜しいことをしてるんだと思わざるを得ない。


こっちに来て、いや、こっちに来る前から活字を読む時間が少なくなった気がする。院生なので、もちろん論文を読んだり本を読んだりする。でも、それの目的は言葉そのものというよりは、中身の方に関する関心が多い、というかそういう読み方をしていたことが多い。

中身と表現とを五分五分くらいで、楽しめるのが自分の中では、エッセイや、小説。あんまりおもしろいと、表現よりも中身ばかりに気がとられてしまうけれど、少し難しい話や言葉をかみしめながら読めるタイプのモノはいい勉強になる。


そんな感じで、読書熱が上昇中。
インターネットでいろいろ読めるけど、画面で読むのは何かまだ慣れない。
本で読むのがいい。といっても、ここはベトナム。あんまり贅沢も言ってられないけど。


村上春樹とか司馬遼太郎大先輩とか、久しぶりに読みたいなー。
スポンサーサイト

コメント
No title
外国語の勉強してると、語彙の少なさは身にしみて痛感します。
司馬遼太郎の小説好きやし読みやすいけど、たまにルビ振っててほしいとか思うわ。笑
文字の読めない大学生やな。
関係ないけど『竜馬がゆく』は永遠の私のバイブル。笑

早いもんで1週間後に発つので、また!
[2010/01/22 15:16] URL | KY #- [ 編集 ]

Re: No title
>KYさん
あらあら。メール返せてないうちにそんな時期になってたのね。
ごめんごめん。はよ、返すわ。汗

せやね、あれはきつい。図書館で借りた、司馬遼太郎全集とかで読むとさらにきつい。
たぶん、それが多数派やで。

竜馬がゆくねー、あれはいいね。帰ったらもう一回読みなおそうと思っとります。

いろいろ話聞かせてね。
あ、そっちはブログとかやらんのー?
[2010/02/09 11:22] URL | quakkie #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://quelquepartenasie.blog47.fc2.com/tb.php/31-a1dc0f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。