すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本より
いやはや、油断すると時間がたつのはあっという間です。


日本に帰ってきた後、日本へ適応することに集中しすぎて、ブログを放置しておりました。


帰ってきてから、はや7カ月です。
いつも通り外国人に間違われることは減っていませんが、一応大学院生をしております。


こなすべきことが多すぎて日々大変です。
先輩方がついこの間、修士論文を出されました。大学院生にとって最も過酷な日々を乗り越えられたということです。
本当に尊敬です。


私はすでにキャパシティが怪しくなってきております。


何とか、危うい足取りながらも大学院生として生活しているんですが、このごろは感じることがあって、ブログ再開に踏み切りました。


というのも、私の周りには院生の先輩や同期の院生がいるのですが、自分の研究テーマや相手の人の研究テーマ、授業の内容、疑問に思ったことなどいろいろ話をします。


議論というほど激しいことではないですが、話すことによってより深く自分の考えていることや、疑問に思っていることが分かることが多いです。


そこで感じたのは、アウトプットすることの重要性です。
誰かに聞いてもらうことを想定して、何かを発信すること。


これをすることで、理解できていること、疑問に思っていること、無意識のうちに抱いているものが少しずつ意識化されているのを最近強く感じるようになりました。



このブログ程度では誰が読んでいるかもわかりません。
しかし、読者が一人もいなかったとしても、誰かを読者に想定しながら自分の考えていることを表現するのは今後の自分を助けてくれるようにな気がします。


そんなわけで、とりとめのないこと、まとまりのないことを書くことが増えるかもしれませんが、温かい目で見守ってくださるとありがたいです。


そして、コメントなどいただけると、俄然やる気がわくとおもいます。


そんなわけで、お久しぶりでした。

IMG_0168.jpg

内容とは全然関係ないですが、自分の家の前から見えた夕焼け。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。