すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の2週間。その2
かなり間が空いてしまいましたが、前回の続きをば…。



旅行は楽しく、ハノイを出発するまでは最高。

帰り道から、過酷な時間がスタート。


というのも、謎のワゴン車で連行されるは、夜行バスの乗り換えに3時間近く待たされるは、で、謎だらけで余計にはらはら。この時点では、私はまだ次の日授業があると思い込んでたため、冷や汗もの。実際は、次の週からになっていて一命は取り留めた感じ。

夜行バスで揺られること、8,9時間ってとこかな?なんとか、無事に到着。


その昼過ぎから、ミーティングがあることを到着後すぐぐらいに知らされ、休むつもりが、まだまだ休めず気を引き締め直すことに。


そのミーティングって言うのが、この日の1週間後に予定されていた、日本語課外活動について。
正直、ここで活躍しなかったらどこで活躍するんだって言うくらいの願ってもないイベントでやる気は十分蓄えたはずだった。

でも、なかなか、こちらのペースに合わせて、テンションをあげていくのが難しく、結局、みなさんが本腰を入れ始めたのが、1週間前という展開。


せっかくなので、もっとしっかり準備して望みたいと思っていたけど、先輩の先生の言うこともまたしかり。


-こっちでは、旧正月が明けるまでは、旧正月のことしか考えられないよ。



ほんとに、その通りで、生徒も先生も街もぜーんぶ旧正月ふんいき一色。

かくして、最後の追い込みにこの活動の運命は託されることに。



このミーティングで、最終的な流れを確認。事前にいろいろ決めていたことはあったけど、結局、他のイベントやらなんやらで、縮小変更が重なり、それをもとに仕切り直し。


私の担当は、盆踊り、歌、折り紙活動。
そして、これらをこの一週間で生徒に事前に“仕込む”こと。

一週間に3コマ、生徒たちは日本語を勉強する。
そのうち、2コマももらって、“仕込み”の授業をした。


こっちにきて、はじめて2コマもメインで担当させてもらった。今までの15分や20分準備するのとはわけが違う。
この仕込みがちゃんとできるかできないか、が結構重要なポイントになっていた。



あくまでも楽しく。生徒が楽しむためのも。
ここを大事にするのが、個人的に難しく、大変だった。



当然生徒は、楽しくなれば、テンションも上がる。テンションが上がれば、勢いづいて没頭する。
没頭してくれるのを見るのは非常にうれしいもんで、こっちまでテンションが上がる。

でも、それが一度に、20人以上となると話は別。
クラスはカオス化し、ニッチモサッチも行かなくなる。


まだまだ、未熟な自分を思い知らされた、2コマ×3(学年)。
でも、たぶん、一番楽しかった2コマでもあった。
やっぱり、自分で授業をしたり、生徒と関わることが楽しいんだと、改めて認識する。
その分、責任や反応、などはダイレクトに自分へ返ってくる。それが、嬉しく励みにもなる半面、重くのしかかったり、自分を押し戻そうとしてくる。

『活動』という楽しむためのものでも、こうなのだから、『授業』となると、これはなおさらである。
生徒のためとか言いながら、結局は自分のことしか考えていない教師はきっと、多い。

自分の場合は、いわゆる教師とは少しタイプは違うけれど、そういう教師になってしまわないように常にモチベーションを保ちつつ、自分の学生をしっかり見据えて動いていかないといけない、なんてそんな大げさなことを考えたり、考えなかったり。


とりあえず、この2コマは、大変やったけど、めっちゃ楽しかった。



それで、肝心の課外活動当日は…やっぱり、予想通りにはいかず、まさかの展開で、ベトナムの遊びだけで、ベトナムと日本の体験系の活動の時間を全て使ってしまった。

さすがに、この時は、先輩と笑えなくなってしまったけれど、その後の日本語系の活動では、ごり押しも交えつつ盆踊りやゲーム、歌などを生徒にやってもらった。


ネックになるだろうと踏んでいた、折り紙活動は案の定、締りが悪い締めくくりの仕方になった。
結局、自分はいなくてもいろんなことはまわっていく。


メインで頑張ってくれていた先生(いつも一緒に日本語を教えているベトナム人の先生)は、生徒が楽しんでくれていたことよりも、この大変だった仕事が終わったことに満足していた印象だったけど、ベトナムの遊びなども含めて、生徒たちが楽しそうにしていたことが、何よりの救いだった。


自分でいろいろと企画、計画して物事を進めることの大変さ、それは今回味わうことはなかったけれど、このベトナムという国で、一つのコマとして、ある企画、計画に参加する、で動く、ということの大変さ、求められてることの要求の高さを身にしみて感じた。というよりも、どんな流れになっても、どんなことがあっても、動じない、大きい器とその流れに対応できる、アドリブ力がモノを言う。


そんなことを実感した、過酷で有意義な1週間。
スポンサーサイト
果物籠
何か、前の記事が意味深なように映ってしまい、ご心配をおかけしてしまったようなので、なんとなく早めの更新…。笑
ただのきまぐれなんでを気になさらずに。たぶん、これからはもうちょっとあんなことを書くかも。





ベトナムは、学期中に長期休みが無いらしい。今はもう2学期。1学期の期末テストが終わってすぐ次の週に2学期が始まった。


そんなベトナムの唯一の学期中の休みが、旧正月のお休み。


旧暦にのっとって生活をしているベトナム人にとって、旧正月の方が、我々のお祝いする正月よりも重要な様子。正月はまったく気にせず、2日から働いていたような人たち(日本でも今や、2日から働く人も多いけど)も、旧正月の時期はきっちりお休みとるみたい。あと、忘年会の回数や規模も半端なく…。笑


もちろん、生徒たちも休みにウキウキ、そわそわ。
というか、1週間くらい前から、ろくに勉強なんて手がつけられるはずもなく。
先生たちも諦めモード。






そんなこともあってか、N中学校の最後の授業は1時間ゲームで遊びましょう!という先生からのお許しが出て、生徒たちは大喜び。



そんなこんなで、フルーツバスケットと8年生は、伝言ゲームをそして、6年生はハンカチ落としをやることに。7年生は時間割の関係でできず。残念。また今度ね。



中学で、フルーツバスケットをした記憶はなかったので、みんなが楽しんで遊んでくれるか少し不安でしたが、罰ゲームの歌のおかげもあってみんな必死に、楽しんでくれていた。




NTPフルーツバスケット
『フルーツバスケット!!』

NTPフルーツバスケット2
『いちご!!』

NTPフルーツバスケット3
『うーん、何にしようかな?』

NTP伝言ゲーム
『え?何?もう一回』

NTPハンカチ落とし NTPハンカチ落とし2

あ!(クスクス)


8年生の男のコから、授業の最後に

「先生、楽しいです!」

と言ってもられて、やってよかったなーと。
「楽しかったです」なら100点だったのに…というのは思わなかったことにします。





今回使った果物の名前だけ、妙に覚えが良かったりしそうです。笑





そんなこんなで、旧正月休み。
旅行でほとんど、家にいないけど、楽しみ。
今日は、その旅行先で必要な冬服を買いに、こっちで初の買い物。
侮るなかれ、ベトナムにもおしゃれさんはいる。特に、男の子は、日本に比べて選択肢は少ないものの探せば、それなりのモノがありそうな感じ。

ただ、D&G,LVなど、ブランドのプレートだけを貼っただけの、ジーンズや靴、シャツなどには少しゲンナリやけど…。笑

旅行で行くところは寒いからとはいえ、30度オーバーの中、ジャケットやらセーターやらを買うのは奇妙な感じ。
ジャケットなんて試着するだけで汗が…。

でも、いろいろ見て回って、トータルコーディネートばりに、冬服を買ったけど、けっこう納得したものを買えたので久しぶりの買い物は、充実したものになった。
たぶん、ベトナム的に見れば、必要以上に払ってしまっているところもあるんだろうけど、日本円に換算して考えてみるとどうしても満足してしまう。
これがダブルスタンダードを助長してるんだろうなー。わかってはいるけど…。

革のジャケットとかいくら古着とは言え、3000円では買われへんやろうし…。笑

そんな服たちのお目見えは、ベトナムの北の方にある少数民族たちが生活するところ。
観光化されてて、ちょっと残念だったと言ってた人もいたけど、きれいだそうなので楽しみ。
いい写真が撮るれたらいいなぁー。


そこに行く前に、ハノイ入り。
ハノイでは同期の人たちと落ち合って、みんなで行く。


その前に、ハノイで知り合いに会う。
こっちに来る前に、大学でベトナム語を教えてくれていた学生さん。

今では日本企業で働きながら学生をしているという。やり手さん。
すごくいい人で、厳しい先生だった。笑


その人との再会も楽しみ。



自分の赴任先の人たちは伝統的に、あまり他の街にはいかず、親せきや知人を訪ねるのが習慣だそうで。
こっちに残ってそんな様子を眺めるのも興味深いんだろうなぁとは思いつつ、唯一の長期休暇は有効に使わないとね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。