すべての道が通ずる場所で…
ちっぽけなアジアの一角を抜け出し、あいもからわらずちょっとした呟きと日々の写真を。
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ようこそここへ!

今までこの辺鄙なところに訪れた方の数



グーバーウォーク



プロフィール

quakkie

Author:quakkie
FC2ブログへようこそ!



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



なかのひと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶり
なんと、気づけば1年も放置していたんですね。
はやいものです。

先日、無事(?)修士論文を提出し、少しほっとしたのもあって、このブログのことを思い出しました。


修士論文を書くにあたって、文章を書くということは日頃から何かを書き続けていないと、なかなか書けないものだなと思い知らされました。
ブログで書く文章と論文に書く文章は、確かに違うけれど、自分の考えや思いを文という加工物に落とし込む作業というのは、なかなか難しいものだと改めて感じました。


たぶん、もう誰も見てないだろうし、自分の備忘録としてこれから書いていこうと思います。

そんな感じで、今後もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
3人がかり。
5か月も同じホテルの部屋に泊っていると、電気がつかなくなってしまうこともある。


だいたい、蛍光灯がどれくらいもつかとかは知らない。
でも、今週メインの蛍光灯がきれた。



受付の人に頼んで変えてもらったのだけれど、電気交換も一筋縄ではいかないのがベトナムらしい。




使用道具は、脚立、ドライバー、ニッパー、ペンチ、潤滑油、塩ビテープ。
参加人数、3人。






電気交換2

電気交換1



蛍光灯だけでなく、内臓の部品も交換していて、ある種、工事みたいなもん。




蛍光灯変えるのにも一苦労だーね。





同じホテルの人が言っていたけど、どうやら、こっちの人は長期計画や先を見通して何かをすることが苦手らしい。
歴史的な事情や、気質的なところで、今、現在を一生懸命なんだそーな。



一生懸命で、しかもゆるーいのが、少し羨ましい感じもするけど、自分に関わってくるとなると、少しメンドーにも思う。
その度にイライラするこっちが損なんだけど。



まだまだ器が小さい、小さい。
受賞。
いやはや、まさか自分でも一カ月以上も放置するとは思ってなかったなー。
史上最長記録。

そんなわけで、ご無沙汰しております。
おそらく、生きてないことにはなっていなかったと思いますが、生きとります。

書くことはあるものの、チャンスを逃し、書くことがたまっていけば行くほど書きづらくなる…負の連鎖から抜け出せないまま、2009年は行ってしまった…。

そんなわけで、今年は、携帯で更新してた時代を思い出し、その日のハイライトを簡単に書いていく方式にチェンジ。
んでもって、気が向けばながなが、ダラダラと書いてこー、そんな感じ…にできればいいなー。



とりあえず、この年末年始の話をば。

先輩の先生と専門家の先生と男三人のクリスマスに始まり、お客さんがいろいろいらっしゃったので、いつにもまして贅沢な毎日。

年末のハイライトは、隔週で行っている中学校の忘年会、というか、お疲れ様会みたいなもの。
学校で、先生方が集まって、会食、カラオケ、ダンスなどなど。

校長先生直々に食事をとってくださったりとか、いろんな先生と完敗をしたりだとか、いろいろ。


おそらく、この日の目玉は、いろんな部門の表彰があったこと。

ダンスが上手な先生、カラオケの上手な先生…etc。


合間合間に、賞が発表され、なんと記念すべき受賞者第一号は、私。



しかも、その賞とは…









ビューティーヘアーコンテスト 男性部門(BY 先輩の先生訳)。笑










そう、私の髪の毛は順調に伸びており、常にいい感じに波打って、いや、巻いている。しかも、天然ものである。
もちろん、両親のDNAを受け継いだ私の髪の毛のなせる技だが、なかなかこの髪型のベトナム人はいない。
物珍しさも相まって、堂々の受賞。


名前を呼ばれた時はなんのこっちゃ分からず、拍手と他の先生方の大爆笑と好奇の目。
前に出て商品を頂き、簡単なインタビュー。


最初の受賞者、というか、式は始まったばっかりなのに、完全に出オチ。


先輩の先生は、一番心細いで賞、的なものをもらっていた。とりあえず、何か渡したかったんだろーなー。
(あ、他の賞はちゃんとした賞です。って、ビューティーヘアー…もちゃんとした賞ですが。女性部門は普通にきれいな先生がもらってました―。)

その式の後は、先輩の先生とホテルのカフェバーへ行って、年越しまで時間をつぶす。
そこは、唯一ちゃんとしたエスプレッソが飲めるところで、お気に入り。

外では、ちょっとしたイベントらしきものもやっていて、一応ベトナムでも新暦の正月というか、年越しを騒ぐ様子。

そんな年末→年越し。


年明けは、先輩の先生のお知り合いがホーチミンからいらっしゃるとのことで、観光にご一緒させていただき、おこぼれにあずかる形になった。

タクシーで走ること1時間半弱のところにある、ランコー村とかいうところのビーチでまったり。
ホーチミンはこことは違って、バイクも車も人の数も半端なく多いらしく、ビーチの人の少なさに感激するお客様方。

この日は、お昼前からごいっしょさせていただき、昼飯食って、ビーチに行って、帰ってきて晩飯食ってお別れ。

そんな久しぶりの観光の一日は素敵な時間だった。
それに、いろいろ話を聞けて勉強にもなった。



「撃ち落とされたいか、撃ち落としたいか、どっちがいい?」というおもしろい質問をされ、私は即答で「撃ち落としたくも落とされたくもない」と答えていた。どうやら、異端なる答えらしく、でも、私のような部類の人間には多いらしい。

なんのこっちゃ。


話はそれにそれましたが、そんなこんなの年末年始。


これからは、短文更新。目指せ、週3以上。
そんな、ハイライトのない日もある。そんな時は、何かでごまかし。


さー、残り5カ月、頑張れ自分!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。